モゲチェック

モゲチェック・プラザ


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

スポンサードリンク

モゲチェック 住宅ローンコンサルティングサービス

 住宅ローンコンサルティングサービス

 

全国700金融機関からベストなローンを選択

 

一括審査 全国700金融機関

 

だからできる 国内最安変動金利!

 

年 0.41%〜のご提案

 

賢くマイホームを購入したい方のために。

 

一生で一番高い買い物であるマイホーム。

 

住宅ローンも賢く選びましょう。

 

「不動産会社の提案するローンは本当に最適なのだろうか?」

 

割高な金利を払っているユーザー 61%

 

「金利が上がったらどうしよう?」

 

住宅ローンの過去最高金利 8.5%

 

そんな方に、モゲチェック・プラザは

 

2つのサービスを提供します。

 

モゲチェック・プラザ
2つのサービス

 

国内最安変動金利!年0.41%〜のご提案

 

一度の情報入力で全国700金融機関一括審査を行い、

 

審査結果に基づき最適なローンをご提案します。

 

変動金利は国内最安金利の0.41%〜0.575%の間でご提案。

 

35年安心サポート

 

全国の金融機関のローン金利を毎月分析。

 

本格的な金利上昇の前に固定金利への変更をご提案します。

 

35年安心サポートで金利上昇リスクに備えましょう。

 

元本3,500万円で金利4%に上昇した場合

 

320万円もの金利支払いを抑えられます。

 

お勧めしたい方

 

一度の審査で最もいい条件のローンを探したい

 

借りた後ももといい条件のローンがあるなら借り換えしたい

 

将来の金利上昇が心配だ

 

不動産会社からローン提案を受けていてもサービスは利用可能です!

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

 

目次

 

1、モゲチェック・プラザ 不動産投資ローンの借り換えコンサルティングサービス

モゲチェック・プラザ 不動産投資ローンの借り換えコンサルティングサービス

 

「モゲチェック・プラザ」は不動産投資ローン、アパートローンの

 

借り換えをプロにお任せできる投資用ローンコンサルティングサービスです。

 

モゲチェック・プラザの特徴

 

平均450万円金利削減の実績

 

面倒な見直し手続きをプロが完全代行

 

費用は成功報酬制。金利削減額の10%(税別)のみ

 

金利削減目安や返済プランを何度でも無料相談可能

 

ヤフーグループ、マネックスグループが出資する安心できるサービス

 

お勧めしたい方

 

不動産投資ローン(アパートローン)借りている方。

 

特に、見直しメリットの多い方は、下記3つに当てはまる方。

 

2013年以前に物件を購入している方

 

現在金利が2%以上の方

 

元本が1,500万円以上の方

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

モゲチェックもご覧下さい。

 

モゲチェック 評判もご覧下さい。

 

モゲチェック 口コミもご覧下さい。

 

モゲチェック 手数料もご覧下さい。

 

モゲチェック デメリットもご覧下さい。

 

モゲチェック クーポンもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 評判もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 口コミもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 横浜もご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ クーポンもご覧下さい。

 

モゲチェックプラザ 銀座もご覧下さい。

 

2、モゲチェック 評判

モゲチェック 評判

 

マイナス金利の影響で、住宅ローンの金利が過去最低水準になっているのは嬉しいですね。

 

現在の家計の見直しにおいて、住宅ローンの見直しをすることは不可欠と言えるでしょう。

 

住宅ローンの借り換えについては、スマートフォンからでもシュミレーションできます。

 

しかしながら、借り換えによるトクをする金額は、利用する金融機関で異なってくること最も

 

理解しておきたいものです。

 

せっかくなので、多くの商品を検討してから一番得になる所に申し込みたいものです。

 

そこで紹介したいのが、日本発とも言われている住宅ローンの借り換え相談「モゲチェック」です。

 

「モゲチェック」は多くのメィデアからも注目されていて話題になっています!

 

モゲチェックとは?

 

貸金業をしているMFSが運営している住宅ローン借り換え比較サービスです。

 

MFSは国に登録している、法律に則った貸金業者なので安心できる健全な企業です。

 

実際に全国で2万人以上が利用しています。

 

借り換えメリットに個人差がありますが平均200万円ということです。

 

住宅ローンを利用している方なら登録だけでもしておいて損なしです。

 

低金利時代で、借り換えを検討するのは当然と言っても素人が複数の銀行の

 

住宅ローン金利や手数料などを比べて判断するのは大変です。

 

プロの相談で比較出来たら楽になります。

 

時代にニーズに合ったサービスとしてモゲチェックはマスコミでも話題になって

 

口コミも良好なのです。

 

モゲチェックとはモーゲージ(住宅ローン)をチェックするという意味です。

 

モゲチェックのメリット

 

全国120以上の銀行の住宅ローンと比較できます!

 

国内で最も金利の低い住宅r−ンをスマートフォンでも知ることができるのです。

 

知ることだけでなく、今利用中の住宅ローンのデータを入力すれば金利差などの比較ができます。

 

借り換えメリットを瞬時に判定できます!

 

借り換えを行った場合に、毎月いくらのメリットが出るのか、利息支払い額の違いなども

 

どの程度になるのか比較できます。

 

ランキング形式で表示!

 

メリットの大きい順にランキング形式で表示してくれます。

 

ランキングは、「固定金利」「変動金利」というような金利タイプ別に表示になります。

 

手数料無料です!

 

登録して損のない理由です。

 

チャットで会話できます!

 

素朴な疑問「保証料はどのくらい?」「固定金利と変動金利の違いとは?」「繰上返済手数料はかかるの?」

 

「登記費用はどのくらい?」「住宅ローン控除はどうなるの?」など、プロによる解決に導きます。

 

シュミレーションは諸費用込みです。

 

借り換えには、保証料、抵当権設定費用、抵当権解除費用や住宅ローン取り扱い手数料といった費用が発生し、

 

100万円近くとなる場合もあるということです。

 

この諸費用が借り換えによっていくらかかるかを考慮するのがポイントになります。

 

モゲチェックの借り換えシミュレーションは住宅ローン借り換えに必要になる保証料や登記費用といった

 

諸費用について、保証料を金利に0.2%上乗せ、団体信用生命保険特約保険料を金利に0.36%上乗せ、

 

諸費用を元本に1.5%上乗せの上でシミュレーションしていて、シミュレーションで高いメリットが出ると、

 

実際の借り換え時にはさらに高いメリットが出ることのほうが多くなってきます。

 

登録しておくならメリットの出るタイミングでお知らせ!

 

借り換えをすぐに検討していない人でも、情報を登録しておくと、金利の変化や固定期間の終了によって、

 

メリットが出たタイミングでお知らせしてくれるのです。

 

モゲチェックのリスク

 

利用料金が完全無料なので、お金を請求されることはないためリスクなしと言えます!

 

個人情報に関しても、第三者機関によるチェックをクリアしたセキュリティで守られていて安全です。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

3、モゲチェックの詳細

 モゲチェックの詳細

 

モゲチェックは住宅ローンが必要な方に、ベストな借り入れと借り換えを提供しています!

 

モゲチェックの3つの特徴

 

プロの高度なコンサルティング

 

モーゲージスペシャリストが最適な住宅ローンを選定!

 

金融機関とのネットワーク

 

幅広い金融機関と独自のネットワークを活用して最も条件の良い金融機関のローンを選択!

 

完済までのサポートが充実

 

毎月無料のマンスリーレポートで住宅ローンが完済するまでサポート!

 

サービスの流れ

 

1、無料診断の予約

 

2、電話による無料診断

 

3、コンサルティングで諸手続きのサポート

 

4、完済までのアフターフォロー

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

4、モゲチェック・プラザの口コミ

 モゲチェック・プラザの口コミ

 

無料サービスにありがちな勧誘めいたものは一切ないようです。

 

予約フォームで入力するのは簡単な情報だけなので、時間を無駄にしないで

 

しっかりシミュレーションしてもらうには、現在の借り入れ残高、金利、残りの期間などの

 

正確な返済予定表が必要になります!

 

コンサルタントをモゲチェック・プラザのスペシャリストで顔写真と簡単な職歴を確認できるので安心です。

 

コンサルタントの中には、平均520万円の借り換えメリットを出している人もいるので期待できそうです。

 

といっても、借り換えメリットが大きいのは高い金利で借りていたためであって、それだけ多くの損をしていた人の

 

担当に付いたという意味です。

 

その人に付けば多くのメリットになるということではない、ということも理解しておきましょう。

 

借り換えメリット

 

残り期間と残高から完済までを計算していくことになります。

 

借り換えメリットは無いという結果になることもあるかもしれません。

 

かなり低金利の変動金利ですので、0.4%くらいまで下がったとして、やっとプラスマイナスゼロになるという

 

計算もあることでしょう。

 

10年固定は10年後の金利を考えるのではなくて、残高を考えることです。

 

住宅ローン10年固定金利で10年後の金利に左右されない方法もあります。

 

モゲチェック・プラザのコンサル料金は、借り換えメリットの10%か25万円(税別)かのどちらか

 

低い方になります。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

5、モゲチェック・プラザ住宅ローン借換コンサル

モゲチェック・プラザ住宅ローン借換コンサル

 

住宅ローンの借換の申込み手順を個人でやろうとすると考えのほか大変で、

 

相当個人ですべてやろうとするとかなりの労力になってしまいます。

 

住宅ローンが残っているケース、改修のためのローンを設けることは可能なのでしょうか?

 

もちろん個々の状況によりますが、審査に通れば住宅ローンとの併用はできるのようです。

 

住宅ローンの借換には、一時総額が大きくかかります。

 

住宅ローンは、担保型のローンなので自宅などの担保が必要となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どっちかから選択することができます。

 

前もってに電話診断の日にちを申し込んでおけば、その日時に電話がきて、そのまま所見可能なという流れです。

 

いや、おっしゃるとおりで。

 

提案書が来たのは電話見立て終了からたったの10分後。

 

ローンの借入額も極端に高いわけではなく、2300万円程度でも500万近くの省コスト化ができているあたり、

 

結局大切になるのは高い利率の貸付金を組んでいるかどうか、にかかってくるようですね。

 

ぼくも自宅マンションの貸し出しを借換して利率を下げる事ができないかと思って、

 

今度は「モゲチェック・プラザ」の電話無料診断を受けてみました。

 

使用者の平均節減額は480万円との事。

 

近頃は、利率がもっと低い金融組織に移行する事で必要になる利息と支出を食い止める

 

住宅ローン借換が流行っているそうです。

 

住宅ローンは、担保型の貸付金なので我が家などの担保が必要となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どっちかからピックアップする事ができます。

 

採り上げるのは、その見立て結果と、モゲチェック・プラザの電話フリー所見の感想を整理てみました。

 

造作なくな診断とはいえ、すごいスピード感。

 

組んでいる貸し出しの利率が高い人どこかに要因で貸し出しの名義を変えたい人 (離婚など)借換をやりたいが、

 

申込み手順が面倒で誰かに代理してくれ人 仮に心当たりがあれば、電話無料診断を受けてみる

 

値打ちだと考えます。

 

ここで助言されている金利は、ぼくが査定に通るか如何にかも含めて、金融機構を選定して

 

もらったものになるそうです。

 

見立て時に前もってに提供しておく内容電話越しに質問に解答ながら以下の中身を返答していくことになるので、

 

前もってに以下の情報を手元に下拵えしておくといいでしょう。

 

モゲチェックプラザは、住宅ローンの借換(見直し)を教授、申込み手順を代理してくれる住宅ローンの

 

コンサルティングサービスです。

 

住宅ローンが残っているケース、改修のための貸付金をこしらえる事はできるのでしょうか?

 

当然個々の状況によりますが、審査に通れば住宅ローンとの並存は可能のようです。

 

電話だけで所見できるので、ストアへの訪問は無用。

 

 (平日18時以降や、土日もOK。)

 

金融機構の選定から申込み手順まで、ワンストップで代行してくれるのはありがたい限り。

 

ぼくの事例、借換を行っても下げられる金利の奥行きが小さいため、節減できるプライスも小さくなります。

 

申込み手順の手間をかける時間的ゆとりがない人などは、こうした住宅ローンのコンサルティングを使って

 

お任せにしても、充分な長所が得られそうですね。

 

住宅ローンは、担保型の貸付金なので我が家などの担保が不可欠となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どっちかからチョイスする事ができます。

 

空き状況はこんな感じで参考に可能なので、自身の余裕のある時帯を選べばOKです。

 

住宅ローン借換コンサル「モゲチェック・プラザ」の電話無料所見を受けてみた結果と感想整理 

 

金利1%越えの人には良いところ有りかも!さてこのサービス、住宅ローンの所見だけであれば、

 

フリーで扱ってしてくれます。

 

住宅ローンが残っている事例、リフォームのための貸付金を設ける事は可能なのでしょうか?

 

当然それぞれの状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

金融組織の事務手数料抵当権変更の諸経費印紙税媒介手数料 (モゲチェックプラザのコンサル費) 

 

この大きな一時総額よりも、金利を下げたことに対する節約分が大きくない限り、住宅ローンの借換をしても

 

無意味、だという事ですね。

 

住宅ローンは、担保型の貸し出しなので我が家などの担保が不可欠となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どっちかからピックアップする事ができます。

 

この借換によって、利率は0.725%→0.625%に下がる計算です。

 

これらの情報を提示し終わったら、教授書をつくってメールで送付してくれます。

 

折衝だけなら、フリーですからね。

 

住宅ローンの情報 (最初融資額、残高、償還期間、利率など)現在の職業や年齢など資産状況など 

 

住宅ローンの借換は、その名の通り新しくローンを組み直して借り換えることになるので、

 

金融機構の査定が不可欠になります。

 

住宅ローンが残っている事例、改装のための貸し出しをこしらえる事は可能なのでしょうか?

 

言うまでもなく各々の状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの併用は可能のようです。

 

借換先の金融機関の解説だけでなく、住宅ローンの借換の申込み手順までを

 

一括して代理してくれるというのがポイントですね。

 

住宅ローンが残っているケース、改修のためのローンをこしらえる事は可能なのでしょうか?

 

無論個別の状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存は可能のようです。

 

それ故、現在の職業や年齢、財産状況などの自身の情報も一緒に提示をしてあげる不可欠があるのですね。

 

2016年頃のマイナス金利以来、住宅ローンの利率もかなり低い水準にとどまっています。

 

住宅ローンは、担保型の貸付金なので我が家などの担保が必要となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どっちかから選ぶ事ができます。

 

そうなると、一時出費のほうが上回ってしまうという、省コスト化どころかまったく逆成果の結果に。

 

住宅ローンの借換をする事で長所があるか如何にかは人各々、クレジット状況次第です。

 

住宅ローンは、家屋を買うだけではなく改修にも使用できますが、リフォームローンは改修専門です。

 

という事は、それ以前のタイミングにクレジットを組んだ人や、なんらかの事情で1%〜2%を越える利率で

 

住宅ローンを組んでしまった人などは、現時点での標準的な利率に借り換えるだけで

 

大きな長所が得られるはずです。

 

住宅ローンが残っている事例、改修のための貸し出しを組む事はできるのでしょうか?

 

もちろんひとつひとつの状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

電話フリー所見の結果は…という事で、採り上げるののぼくの所見結果は…

 

借換をしないほうが良い! という結果になりました。

 

Webページから電話見立ての日時を予約予約した日時に電話がかかってくる質問に解答ながら

 

自らの住宅ローンの情報などを伝える一時的に電話を切って、10分?15分後くらいに診断結果と助言書が

 

メールで送られてくる再度電話がかかってくるので、助言書を見ながら折衝(借換をしないケースは、ここで終了) 

 

初めにWebページから、自身の都合に合う日時を予約します。

 

住宅ローンが残っているケース、改装のためのローンをこしらえる事は可能なのでしょうか?

 

言うまでもなくひとつひとつの状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

借入額が少ない人や、すでに金利が十分低い貸付金を組めている人などの場合、

 

借換をする良い面がないという見立て結果が出るケースもあります。

 

借換をすると、驚いたことに77万円のマイナスになるとの診断結果でした!

 

「借換で節減可能なプライス」が「一時コスト」より大きくないと損強引な借換のイチ押しなどもなく、好印象

 

担当の方いわく、「すでにかなりの低利率のローンを組めているので、貸し出しはこのまま継続して、

 

借換よりも繰り上げ返済をした方が良いと考えます」との事でした。

 

日本全国どこからでも活用できるです。

 

タイトルにも書いていますが、住宅ローンの金利が1%を越えるような人は、借換の良い面がありそうです。

 

住宅ローンは、担保型のローンなので我が家などの担保が不可欠となりますが、リフォームローンは、

 

担保型と無担保型、どちらかからピックアップする事ができます。

 

ローンの利息が1%を越えているなら、参考にしてみる価値アリ

 

整理:「モゲチェック・プラザ」はこんな人に向いている!

 

という事で、このモゲチェック・プラザのサービスは、こんな人に向いていると考慮しられます。

 

ぼく自身も、借換ではなく繰り上げ償還をする方向に転換しようかなと、思案するキッカケにもなりましたしね。

 

「借換をしない方が良い」という診断結果になった要因そもそも、ぼくが直近で組んでいる住宅ローンの

 

利息が0.725%と、すでにかなり低い水準の利息であるという点が問題でした。

 

住宅ローンが残っている事例、改修のためのクレジットを組むことは可能なのでしょうか?

 

もちろんそれぞれの状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

採り上げるのは電話フリー所見だけで終了しましたが、実のところに借換を行おうとした時は

 

手続きの代行まで行ってくれます。

 

話を伺ってみたところ、帰するところ実のところに借換を行う活用者も、そうした利率差での

 

省コスト化額が大きくなる人が主になるようです。

 

利率が1~2%の住宅ローンを抱えている人には長所ありということは、借換によって大きく金利が小さくなり、

 

借換の節約分が大きくなる人にとっては大きな良いところになります。

 

住宅ローンが残っている時、改修のためのローンをこしらえる事は可能なのでしょうか?

 

もちろんそれぞれの状況によりますが、査定に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

生涯の中でも、とどのつまり一番大きな固定費は家賃、住宅ローンです。

 

住宅ローンは、居宅を買うだけではなく改装にも使用できますが、リフォームローンは改装専門です。

 

こうした見立てやアドバイザーだと、グイグイと借換をベストチョイスされるかと思っていましたが、

 

強引なところもなく、割と好フィーリングでした。

 

提案書は、こんな感じのフォーマットです。

 

所見申請から教授書をもらうまでの流れ見立てエントリーから電話所見、

 

そして教授書をもらうまでの手軽にな流れはこんな感じです。

 

さきに結論を言ってしまうと、今度ぼくも住宅ローンの借換を所見してもらいましたが、

 

実のところには借換をする必須がない(良いところがない)という事になり、フリー診断だけで完結しました。

 

住宅ローンが残っている時、リフォームのためのローンをこしらえる事は可能なのでしょうか?

 

言うまでもなくそれぞれの状況によりますが、審査に通れば住宅ローンとの並存はできるのようです。

 

…無論、借換で省コスト化良い面がある人に限りますが! 

 

以上、ご参考までに。

 

6、モゲチェック うわさ

モゲチェック うわさ

 

モゲチェックには悪いうわさがあるのでしょうか?

 

相当気になったので調査してみました。

 

モゲチェックをネットで調べてみました。

 

モゲチェックは住宅ローンの見直しをコンサルティングするサービスです。

 

公式Webページで3秒でシュミレーションが可能なので試してみて

 

減額ができそうだったら所見を申し込んでみるといいですね。

 

実際モゲチェックを利用された方の口コミを見てみましょう。

 

マイナス300万円妻の退職を機会に住宅ローンの再検討。

 

借り換え代金の試算も素早かったです。

 

結果、一ヶ月ほどで借り換えができて、支払いが激減しました。

 

日本経済新聞・産経新聞・NHK「ニュース7」・NHK「クローズアップ現代」・東洋経済・プレジデント・

 

日経産業などモゲチェックのフリー見立てモゲチェックでは公式Webページで住宅ローンのフリー電話

 

所見を予約することができます。

 

成功見返りなので、話し合いだけで借り換えしない事例は一切フリー。

 

始めに考えていたよりもかなりの減額で、素晴らしいです。

 

自身で銀行と厄介な交渉をせずに借り換えでき、何事でも専門家に頼んだ方が近道だと考えました。

 

金融機構と直接交渉し最も有利な金利を引き出してくれるのです。

 

忙しくて時がない方におすすめします。

 

さらに早く行きたかった!!

 

モゲチェックに折衝に行った結果、うちの住宅ローンは良好なので借り換えの必要はないとのこと。

 

豊富に時間をつかってもらったのにすべてフリーで、成功お金のモゲチェックさんには一銭の儲けにもなりません。

 

では、実のところモゲチェックを利用された方の評判を見てみましょう。

 

全国120銀行から最適な借り換えを助言・実行してくれます。

 

時がない人におすすめこのサービスを半信半疑で利用してみました。

 

1200万円の減額!フラット35でローンしていましたが、一段と得すると知ってモゲチェックで所見。

 

今なら1000円のギフト券がもらえます。

 

貸し出し見直しは相当楽でした。

 

そんないいことづくめのモゲチェックですが検索していると気に掛かる言葉が・・・

 

うわさってどういう事なのか、だますような企業だと困りますよね。

 

「うわさ」などと検索するのは、モゲチェックを利用すると数百万刻みで住宅ローンの支払額が安くなるという

 

信じられないような事が起こるからだと推測されます。

 

フリー折衝を1回しただけで、二ヶ月後には銀行から承認が降りて250万円もリーズナブルになりました。

 

なにか裏があるのではないか?

 

と調べられているのでしょうね。

 

申込み手順が任せられるので楽!

 

モゲチェックを使用された皆様はかなり喜びされているようです。

 

モゲチェックには悪いうわさがある?

 

モゲチェックをオンラインで調査してみました。

 

そこまでしてもクライアントに納得してほしいという誠実さに頭が下がりました。

 

ただし「騙された」「損した」など悪い評判は全部ないのですでした。

 

申込み手順なども丁寧にフォローしてくれて最後まで完了できました。

 

一層早くモゲチェックを知りたかったです。

 

口コミまとめ

 

住宅ローンかなりの減額が可能な事例がある。

 

理不尽に借り換えを勧める事はない。

 

電話相談も予約しました。

 

モゲチェックは住宅ローンの再考をコンサルティングするサービスです。

 

モゲチェックは、経済分野の専門メディアにも注意されています。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

7、moge-check 危険

moge-check 危険

 

モゲチェック 危険なのか?

 

ネットで詳しく調べてみました!

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」住宅ローン取扱額が100億円を突破!

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを供給する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)が提供する

 

住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」は、住宅ローン取扱額

 

※が2016年4月1日の営業開始以来1年9ヵ月で100億円を突破しました。

 

※取扱額とはモゲチェック・プラザの有料サービスを活用して住宅ローンを新規に借金した

 

もしくは借り換えたユーザーの住宅ローン資金合計額です。

 

サービスが活用されている背景 

 

今まで、住宅ローンを選ぶ場合は、不動産企業が斡旋するローンをエントリーするか

 

ユーザー自分がクレジットを探してエントリーする手段しかないのでした。

 

しかしながら、この手法では最適な住宅ローンが取り合わせされない確率があるという問題点があります。

 

具体的には、不動産法人の斡旋する住宅ローンの種類が限定的で幅広く選べない、

 

住宅ローンの知識がないユーザーは不正確なネット上の情報で住宅ローンの良し悪しを

 

決断せざるを得ないなどです。

 

そうした中、2016年4月にサービス開始した住宅ローンコンサルティングサービス

 

「モゲチェック・プラザ」は、フィーをユーザーから頂くサービスにも関わらず、

 

一般支出者に徐々に受け入れられつつあります。

 

完璧にユーザーの立場にたった住宅ローンの相談窓口が現在まで誰にも話し合いできずに困っていた

 

ユーザーニーズの受け皿になり、新しいサービス業態として認知が広がっていると言えます。

 

ご利用状況

 

 

モゲチェック・プラザの有料サービスを活用して新規借金もしくは借り換えしたユーザーは

 

2017年12月末で累計354名となり、住宅ローン取扱額は101億円となりました。

 

上半期(4月?10月)の取扱額で対比すると前年度比316%と極めて高い発展率です。

 

煩わしいなクレジット選択しやエントリー申込み手順をお任せ可能な点が大変ご好評頂いています。

 

さらに、話し合い件数(フリーサービスのみの使用者含む)は累計1910件となりました。

 

平均400万円減額!

 

MFSの住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」を使ってみた!

 

家計負担で最も重くのしかかるのが、住宅ローン。

 

実際は低金利ということもあって借り換えを心積もりた事がある人も多々あるのでは?

 

とはいえ、住宅ローンの借り換えとなると、申込み手順や査定など骨が折れるですよね。

 

そのような中、実際注目を集めているのが、「モゲチェック」です。

 

これは住宅ローン借り換え診断から話し合いまでiPhoneのアプリケーションで手っ取り早くにできるというもの。

 

使用者は平均400万円の減額に成功しているそうです。

 

住宅ローン借り換えツール「モゲチェック」とは?

 

「モゲチェック」は、住宅ローンファイナンスのMFSが供給するアプリです。

 

不可欠な情報を入力するだけで、借り換えで得する金額がわかります。

 

全国136の金融組織の中から最適な借入先を探せます。

 

ツールのダウンロード数も1.5万人を突破しています。

 

入力に必要になる時はわずか1〜2分。

 

何よりもいいのは個人情報を知られず個人情報不要で結果を知れること。

 

これなら抵抗なく所見できちゃいます。

 

「モゲチェック」の使い方

 

それでは、早いところ使ってみましょう。

 

「モゲチェック」ツールのダウンロードまずは「モゲチェック」をダウンロードします。

 

ダウンロード後、メールアドレス、パスワードを登録。

 

これで支度は完了です。

 

目下借金ているクレジット情報を登録・貸し出し契約書もしくは返済予定表を下拵えします。

 

一番目に借入金融組織を選択。

 

住宅ローンを借りた年月を選択。

 

最終償還年月を選択します。

 

当初ローン代金を入力・借金残額を入力・借金中の利率を入力・

 

登録したクレジット情報を検証入力はこれだけです。

 

登録したクレジット情報を検証して問題がなければ「完了」を押します。

 

診断結果の表示借り換えで得する価格が表示されます。

 

1番得するプライスがはじめに表示されます。

 

おしゃべりで借り換え話し合い借り換えについてわからないことがあったケースは

 

おしゃべりで質問すれば、解答してもらえます。

 

店頭でフリー所見も受けられる具体的に借り換え折衝をやりたい時は、モゲチェック・プラザに行けば、

 

モーゲージスペシャリストに申込申込み手順から完済までフリーでバックアップしてもらえます。

 

「モゲチェック」使用で必要になる手数料「モゲチェック」による話し合いは総て無料ですが、

 

借り換えが成約した時にコストが生じます。

 

成功報酬として一律20万円。

 

つまり、借入金額が多ければ多々あるほど得する事になります。

 

「モゲチェック」は手数料込みで借りられる住宅ローンの借り換えは、実のところの借入額の他にも

 

お金が不可欠となります。

 

元の金融組織に払う手数料

 

新しく借り換える金融機構に払う手数料

 

抵当権設定のための登録免許税

 

例を挙げると

 

クレジット残額が2000万円の場合、100万近く必須になります。

 

ただし、「モゲチェック」を使えば、これらの出費、成功支払20万円も含めた値段を借り入れる事ができ、

 

月次の償還額に内蔵されます。

 

つまり、借り換えに1円もお金をかけないで済むのです。

 

「モゲチェック」で借り換えを熟慮した方がいい人、借り換えの良いところが見込み可能な人は・・・?

 

残り償還期間20年以上?ローン残高2000万円以上?クレジット利息1.2%以上

 

上述の前提に当てはまる人は借り換えを吟味してみるといいでしょう。

 

整理ということで、住宅ローンの借り換えが可能な有用なアプリケーション「モゲチェック」を紹介しました。

 

金融機構の融資というと、とにもかくにも骨が折れるで手間がかかりますが、

 

ツールで造作なくに可能なというのは、ITご時世ならではのサービスですね。

 

「モゲチェック」は手軽にに使え、直ちにに結果がわかるので、一度試してみてはどうでしょうか。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

8、moge check plaza

moge check plaza

 

個人情報にも配慮しているので、リスキー性はないのです。

 

moge check plazaツールのうわさ。

 

住宅ローンの見直しは、マイナス金利の実際がチャンスです!

 

モゲチェックプラザの評判評判とても評判が良いです。

 

モゲチェック・プラザのWEB見立て、無料。

 

moge check plaza来店要らない、折衝フリーです。

 

リスキー性はある?

 

株式会社MFS『mogecheckplaza』「モゲチェック」とは、

 

株式会社MFSが運営している住宅ローン借り換え比較アプリです。

 

下記のリンクからエントリー、電話話し合いもしくは面談するだけで、1000円分の商品券がもらえます。

 

moge check plaza全国120以上の銀行の住宅ローンと比較できます。

 

モゲチェックプラザの評判口コミ。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

9、モゲチェック・プラザ 住宅ローン

 モゲチェック・プラザ 住宅ローン

 

電話所見は無料。

 

現在の住宅ローンの総返済額が3000万円、見直しによって総返金額が2600万円になった時

 

削減できた総償還額は400万円。

 

モゲチェック・プラザ「無料所見をエントリーする」→「来店不要!電話診断」の順にクリック

 

都合のよい時間帯を選択します。

 

200万円×10%なので20万円とはいっても下限が25万円なので、

 

このケースの手数料は25万円になります。

 

予約テクニック

 

とても理解いただけやすく、WebWebページから

 

お願いの日時を選択して必要事項を入力するだけです。

 

気に掛かりますよね。

 

いわゆる手数料ですね。

 

600万円×10%で60万円しかし上限が50万円なので、この事例の手数料は50万円になります。

 

元はメガバンクの銀行員だったそうです。

 

だから怪しいところではありません。

 

例を挙げると

 

総返済額を400万円減らすことができたら、400万円の10%の40万円が成功お金になるわけです。

 

自身で調査したり比較Webページを見てみたりしたところで、結局どれがリーズナブルで

 

心配無用なのかが今一つわからなくないですか?

 

忙しくてじっくり思い描く余裕もないし、そもそも骨が折れるだし。

 

手数料やサービスの仕組みを徹底紹介!わりと腰が重い住宅ローンの借り換え。

 

フリー所見の予約から借り換えまでの流れ

 

借り換えを思い立ってフリー電話見立ての予約をしてから、

 

実のところに借り換えが完了するまでの流れです。

 

書類を役所に取りに行く、必須な書類を記述する、銀行に申請手続きをする、

 

といった厄介な事をすべてやってもらえる。

 

凄すぎます。

 

重い腰を上げて住宅ローンを見直す事で、かなり大きなメリットがあるはずです。

 

本格的にサービスを使用して借り換えを実行すると、再検討による

 

金利削減額の10%が手数料として発生。

 

中にはポイントを付けたいからと、手数料をクレジットカードで支払う人もいるそうですよ。

 

まとめどうでしたか?モゲチェック・プラザの大きな特長は、以下の3つでした。

 

書類を役所に取りに行く、不可欠な書類を記述する、銀行に申請申込み手順をする、

 

といった骨が折れるなことをすべてやってもらえる。

 

このページでご解説する「モゲチェック」というサービスには以下の3つの特長があります。

 

加えてモゲチェック・プラザでの住宅ローン返済額の平均引き下げ金額は340万円。

 

そのような方におススメなのが「住宅ローンの借り換えコンサルティングサービス」。

 

先に、今度ご紹介するサービスのコストをお知らせします。

 

総償還額はどんだけ減らせるのか?

 

月々の支払額をどれだけ減らせるのか?

 

支払い期間の短縮は可能なのか?

 

フリー電話所見なのに、色々な角度から借り換えの助言を受ける事ができます。

 

手数料は、再検討による利息削減額の10%。

 

そのあたりは前もってメールで申し入れが来るので従いましょう。

 

俗に、次のようなケースは借り換え良いところが大きいと言われています。

 

しかし、下限25万円、上限50万円まで。

 

不可欠な書類は?コストは? 借り換えに失敗して損したりしないだろうか?

 

諸々不安ですよね。

 

しかし、下限25万円、上限50万円まで。

 

フリー電話見立てだけでも、受けてみるありがたみはありますよ。

 

例えば400万円減らせたら40万円が手数料。

 

手数料は、減らすことのできた総返金額の10%で、下限25万円、上限50万円。

 

(2018年6月、事務所は大手町へ移転したそうです)

 

モゲチェック・プラザの特長

 

この日お話を聞かせていただいたのは、

 

桐谷健太似のイケメンコンサルのMさん。

 

自分が一番得する借り換え計画を全国120の銀行の中から見つけて来てもらえる。

 

自身が住宅ローンを借り換えた時、最大限どれだけ得をするか教えてもらえます。

 

借り換え申込み手順完了後も、貸付金完済までの間どんどん煩わしいを見てもらえる。

 

住宅ローンの残高が1000万円以上償還期間が10年以上

 

借り換え前と後の利率差が0.5%〜1%以上

 

仮にこれらの前提に当てはまるようであれば、初めに無料電話相談を受けてみてはいかがですか?。

 

400万円×10%で、手数料は40万円となります。

 

借り換え申込み手順完了後も、貸し出し完済までの間どんどん面倒を見てもらえる。

 

モゲチェック・プラザのウェブサイトを表示します。

 

「まぁ、実際のままでもいいか。10段階で表してみたのですが、相当長い間感じます。

 

そこで私、新宿にある「モゲチェック・プラザ」へ実のところに行って、諸々話を聞いて来ました!

 

サービスの特長は当然、手数料が発生する瞬間や入金技術など、

 

気になる事を全部聞いて来たのでご解説します。

 

では、詳しく知りたい方はこの先をどうぞ!株式会社MFS株式会社MFSというところが

 

「モゲチェク・プラザ」という住宅ローンの話し合い窓口サービスを展開しています。

 

新宿の事務所へ行って話を聞いてきたコンサルの方に直接会ってお話を伺うために、

 

新宿事務所へ行って来ました。

 

気になる手数料はどれほど?

 

モゲチェック・プラザを活用して借り換えを行えるしたら、

 

コンサル出費としてモゲチェック・プラザに成功見返りを決済ます。

 

【平均340万円節約】モゲチェックで克明に話を聞いて来た。

 

自身が最高得する借り換えプランを全国120の銀行の中から見つけて来てもらえる。

 

総返金額が400万円以上減る人も滅多にないんです。

 

手数料は借り換える場合の諸費用と併せてクレジットに含めることができるから、

 

自己元金ゼロでの借り換えもできる。

 

手数料(成功インセンティブ)の決まり方具体的には、次のように決まります。

 

けれども高身長、イケメン、ベンチャー会社の金融コンサルって、何となく高スペックですな。

 

予約した時に、担当のアドバイザーから電話がかかって来るわけですが、

 

前もってにご自分の償還予定表をメールで送っておきます。

 

手数料の決済は貸し出しに含める事ができる手数料は、借り換えるときの諸コストと併せて

 

クレジットに含める事ができます。

 

フリー電話見立ての予約手段

 

モゲチェックを利用する時、初めに無料の電話見立てを

 

受けるところから始まります。

 

だから自己財源ゼロでの借り換えもできる。

 

ゴールまでが長いだけに、エキスパートがアフターケアしてくれるとなると心配無用です。

 

電話所見で教えてもらえるのは以下の3つ。

 

この企業、2016年には週刊東洋経済の「すごいベンチャー100」に選ばれました。

 

モゲチェックを利用することで現れてする費用は、この手数料のみ。

 

今現在の住宅ローンの総返金額が3000万円、再検討によって総返済額が2800万円になった場合

 

削減できた総返済額は200万円。

 

「たいして変わらないだろうし」なんて思ってるアナタ。

 

現時点での住宅ローンの総返金額が3000万円、再検討によって総返済額が2400万円になったケース

 

削減できた総返済額は600万円。

 

凄くないですか?

 

さらに、事前にフリーで電話所見を受ける事もできます。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

ページの上に

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR