モゲチェック

モゲチェック・プラザ


住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)
住宅ローンの相談窓口「モゲチェック・プラザ」

スポンサードリンク

モゲチェック 手数料

 モゲチェック 手数料

 

リアルタイムで住宅ローンの借り換え助言書が手に入れできる!

 

モゲチェックWEB、発表〜ユーザーの属性に応じた借り換え計画を自動組み立て〜

 

フィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービスを供給する株式会社MFS

 

(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 中山田 明、以下「MFS」)は、

 

住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」に続く、Web上の借り換え分析サービス

 

「モゲチェックWEB」を2017年8月1日から開始しました。

 

ユーザーは、ツールをダウンロードする不可欠なく、

 

「モゲチェックWEB」のWebページにアクセスして目下ローン中の住宅ローンの情報を

 

入力するだけで、借り換えなどによりどれくらい返金額を省コスト化可能なのかが

 

手軽にに理解いただけます。

 

しかも、今まで住宅ローンコンサルティングお店「モゲチェック・プラザ」に来店した

 

顧客向けに成形していた借り換え教授書を来店する事なくリアルタイムで取得できます。

 

「モゲチェックWEB」のもち味 

 

「モゲチェックWEB」で成形される借り換え助言書には、

 

借り換え時に必須となる諸出費の明細や元金計画とともに、必須財源を総て

 

借り換え先クレジットに加えて借り換えたケースの借り換え長所額が表示されます。

 

加えて、ユーザーの属性に応じて借り換え先貸付金の利息水準が出し区分られているため、

 

金融機構の査定スタンダードを考慮したより現実的な借り換え長所額を検証する事ができます。

 

住宅ローン借り換えにおけるチェックポイント

 

住宅ローン低利息ご時世、

 

賢く借り換えするアプリケーションやサービスも登場しています。

 

借り換えした方が得なのか、このまま払い続けた方が得なのか、利率、手数料、総償還額の

 

3つのチェックポイントで思案するといいでしょう。

 

3つのチェックポイント

 

【利率】

 

住宅ローンの借り換えを思い巡らす事例に、

 

ナンバーワン引っかかるところは利率だと考えます。

 

実際の利率とどれだけ相違があれば借り換えの良いところがあるのでしょうか。

 

例を挙げると貸し出し残高が2000万円、貸し出しの残り期間が20年の事例、

 

借り換え前と借り換え後で0.5%以上利率の差があれば諸経費を含んでも

 

借り換えによる良い面があります。

 

同じ利率差でも、残りの期間が長い方が良いところは大きいようです。

 

【手数料】

 

住宅ローンの借り換えは、現在までの金融機構に丸々返金して、

 

別の金融機構と新たな住宅ローンの契約をする事なので、

 

新規に住宅ローンの契約をする事例と同じく、諸経費がかかります。

 

特に値段が大きいのは事務手数料とサポート料ですので絶対参考にするようにしましょう。

 

事務手数料は住宅ローンを借り入れるための手数料で、金融機構ごと異なります。

 

3万円から10万円などのように定額で支払う金融組織もあれば、

 

融資額の1%から2%程度を定率で支払う金融機構もあります。

 

仮にローンプライスが2000万円、事務手数料が2%だとすると、

 

事務手数料は40万円と多額になりますので配慮が不可欠です。

 

第二にサポート料ですが、バックアップ料とは住宅ローンを償還できなくなった

 

ケースのために準備て、サポート法人に支払うお金です。

 

借金全期間分を一括で支払う技術や、借金利息に上乗せして支払うメソッドがあります。

 

利息に上乗せで支払う事例、一時金を支払う事がないので、手元の現金がへらない

 

という長所はありますが、

 

どんだけ払っているか意識していないため、最終的に一時金よりも多くなってしまう事があります。

 

ついでにサポート料は、住宅ローンが払えなくなったケース、契約者に変わって

 

金融機構に決済はしてくれますが、住宅ローン自体が免除されるわけではないのです。

 

その後はサポート企業への返金がある事をお忘れなく。

 

【総返金額】

 

借り換えをした方がいいかの決断として、利息差がありますが、

 

それ以外にも手数料なども考慮する必須があります。

 

借り換えしたために返金総額がかえって多くなってしまっては意味合いがないのです。

 

借り換えをする事例のチェックポイントは、このまま借り換えなかった事例の総償還額と、

 

借り換えした後の償還総額で対比する事です。

 

借り換えした後の償還総額とは

 

総償還額+事務手数料+バックアップ料+団体信用生命保険料+登記総額+収入印紙です。

 

成功お金型の借り換えサービスも登場住宅ローンの借り換えは、利率を比較したり、

 

査定の通りやすい金融組織を探したり、知識がないとウィークポイントに感じる人もいるかもしれません。

 

そのような人の代わりに、中立的な立場から借り換えの忠告を行い、

 

査定の申込み手順まで代理してくれるサービスがあります。

 

初めに借り換えをした事例にどれほどの削減影響があるのか試算をし、

 

いくつかある金融組織の中からユーザーのお願いにあった住宅ローンを選択してでくれます。

 

煩わしいな申込み手順も仮査定から抵当権抹消の申込み手順まで

 

ワンストップで行ってくれます。

 

更に借り換えが成功しなかった事例は、手数料が現れない、

 

完璧成功インセンティブ型の借り換えサービスです。

 

サービスを要請する人にとっては、貸し出しの削減という良い面あって初めて

 

見返りを払うので、最初にのんびりに試算からはじめてみてはどうでしょう。

 

住宅ローン借り換えツールを使用する話し合いに行くか如何にか迷っている人は、

 

日本初住宅ローン借り換えアプリケーション「モゲチェック」を使ってみてはどうでしょうか。

 

スマートフォンからもPCからも導入でき、手軽にに借り換え良いところの

 

シミュレーションができます。

 

アプリケーション内の課金もなく完璧フリーで有用ツールです。

 

一度シミュレーションをすると、借り換え良い面順に順位表示され、

 

各所の金融組織のアイテムが見極めできます。

 

その上、諸総額を含めた総額の対比が可能なので、どの住宅ローンを選択したらいいのか

 

一目でわかるようになっています。

 

しかも、もうに借り換えをしなくても、利率の動向をこまめに検証する事によって、

 

ベストの瞬間を逃す事がなくなります。

 

整理住宅ローンを借り換えて、支出を押し止める事が可能なら懐具合にとっては相当ハッピーな事です。

 

他にも、その分を養育費にあてたり、世帯のために使ったりする事もできます。

 

それ故にも借り換えは良い面最大限の影響があるものを選択したいものです。

 

公式サイト国内最低水準金利0.5%台を保証!モゲチェック・プラザ

 

モゲチェック・プラザ

スポンサードリンク

PR